キャッシングロケット

なぜ銀行は総量規制対象外となっているのか?その真実とは?

なぜ銀行は総量規制対象外となっているのか?その真実とは?

 

銀行が総量規制対象外となっていることは有名な話ですね。しかし、こんな疑問を持ったことはありませんか?「なぜ銀行は総量規制対象外でサービス提供ができているのか?」と。本来、総量規制とは利用者が過度の融資を受けないようにするために定められた法律。それにも関わらず、年収の1/3以上のキャッシングを可能としてしまったら、同じことの繰り返しの恐れがあります。

 

ということで、本題に入って行きましょう。

 

 

なぜ銀行は総量規制対象外なのか?

理由は、至ってシンプルです。総量規制にしてしまうと、住宅ローンなどの融資に影響してしまうからです。もともと銀行は、融資は大きな額のサービスがほとんどでした。それを年収の1/3までとしてしまったら、住宅業界はあっという間に潰れてしまいます。したがって「銀行さんは対象外にしますよ」となったわけですね。

 

 

銀行がキャッシング業界に参入してきた?

言葉が悪いですが、この対象外となったことを利用して、昨今のカードローンサービスが誕生したといっても過言ではありません。消費者金融業者が、総量規制にあえぐ中、颯爽と現れたこともあり、目の上のたんこぶ状態に。と、言いたいところですが、消費者金融業者は銀行と提携して審査を担っていることが多いため意外と共存しています。

 

ともあれ、このような背景もあり、銀行は総量規制対象外を最大のセールスポイントとし無担保ローン系サービスを充実させていったのです。その代表例が、おまとめローンというサービスなのです。今ではそれもあって銀行のキャッシング商品にも人気が集まってきています。

 

ただし・・・

銀行のキャッシングには総量規制が存在しません。つまり借入の制限がないということです。ただしそれには大きな意味はないということを覚えておきましょう。なぜなら総量規制はなくても審査はしっかりと行われるからです。総量規制がない分たくさん借りられるということにはなりません。

 

銀行側に立って考えて見ましょう。総量規制とは、貸し倒れなどのリスクを減らすために導入されたもの。銀行には総量規制はありませんが、貸し倒れを避けたいという気持ちは同じです。もし消費者金融で総量規制ギリギリまで借入をした人が総量規制のない銀行に訪れたらどうでしょうか。ちなみに銀行は申し込み者の借入額を知ることができます。絶対に避けたいと考えるはずですよね。なので総量規制対象外とは、一見、聞こえはいいですがお金が借りやすくなるという意味ではないということを理解しておきましょう。