キャッシングロケット

無職でもキャッシングサービスが利用できるって本当?

無職でもキャッシングサービスが利用できるって本当?

 

無職となってしまった場合、困るのがお金。当たり前のことではありますが、収入が全くなくなるわけですから、蓄えがないのであれば、あっという間に窮地に立たされてしまいます。そして、考えるのが「キャッシングサービスで、とりあえずお金を借りて今を凌ごう」ということ。

 

無職とは、ある意味で一番キャッシングが必要な状況。さて、本当に無職でキャッシングができるのか?をお話していきます。

 

 

無職でキャッシングはできるのか?

結論からいえば、どうあがいてもキャッシングすることはできません。消費者金融業者の場合、貸金業法の元、経営しています。そして、その貸金業法(総量規制)に、収入がない場合は融資していはいけないとあります。したがって、消費者金融業者は、融資をしてあげたくとも出来ないのが現状。申込資格の部分にも「無職の方は申し込みできません」のような旨の文言が必ずあるはずです。

 

 

変な噂がたってしまった消費者金融業界

さて、中には「無職でもキャッシングできる」と耳にしたことがある方もいらっしゃるかと思います。

 

1つの理由として、恐らく、銀行が提供しているサービスのことを指していると予想されます。これらの業者は、総量規制対象外のため収入がなくとも融資が出来る状況だからです。ただし、審査が通るか?は甚だ疑問が残るところのため、本当にできるという部分は怪しいといえます。第一、銀行は消費者金融よりも審査が厳しいというのが一般的です。収入があっても厳しい審査に無職の方が通過するのはまさに奇跡そのものです。理論上はキャッシングが可能ですが、現実的な話ではないという風に捉えておきましょう。

 

そして、もう1つが東日本大震災の影響から変な噂がたってしまったものかもしれません。一部で、この震災の影響で審査が甘くなったという噂が。これは、真っ赤の嘘なので信じないようにしてください。先にも記載しましたが、無職の方は「法で融資してはいけないと定められており申込すらできない」ということは不変です。